ENZO FERRARI.bmp
sponsored link

2011年01月31日

フェラーリ 250GTO

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ人気ブログランキングへ

フェラーリ 250GTOは、GT選手権に参加するためのモデルです。

(Gran Turismo Omologato)

2953cc水冷60度 X12 SOHC


Omologation を取得するための、連続した12か月間に100台以上の

GT選手権参戦基準に達していなかったが、

250GT Berlinetta SWBの生産台数も含め、基準台数をクリヤーした。



横からのシルエットがすごくかっこいいです。



posted by super76 at 22:26| Comment(0) | FERRARI 250 GTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

エンツォ・フェラーリ No.1ロードカー 

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ人気ブログランキングへ


約400台が製作されましたエンツォフェラーリは、
カーボンファイバーとアルミをハニーカム状にサンドウィッチしたシャシーが特徴で、
5998cc 65°V12は660hpを発生。

F1のフロントノーズをイメージさせる独特な
ボディスタイルは今までに無い雰囲気をかもし出している。

エンツォ・フェラーリ&ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ


いやぁ〜すごいの一言です。

posted by super76 at 22:23| Comment(0) | ENZO FERRARI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

ディーノ308GT4

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ人気ブログランキングへ

ディーノ308GT4は、
当時のフェラーリとしては珍しく、直線的な角ばったデザインのクルマだ。


また、地味なクルマではあるが、モンディアル8に引き継ぐまでの7年間
にわたり生産された。

今見ると、この直線的なボディースタイルはなかなか魅力的で
乗り心地もよく、ファーストカーとしても使える快適なクルマだと
思う。

1975 Ferrari Dino 308 GT4


高速道路での走行はこんな感じです。
Ferrari 308 Dino GT4 on Highway


posted by super76 at 22:29| Comment(0) | DINO 308 GT4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

フェラーリ 412

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ人気ブログランキングへ

フェラーリ412はフェラーリの中でもおとなしい感じの
するクルマです。
でも、排気量 4943CC で 340馬力の
V型12気筒はとても魅力的でした。

1985年から1989年まで製造されました。



横からの映像から細長い感じがなんともエレガントでかっこいい。

フェラーリはさておき、映像に出てくるヘルメット姿の
二人組みは何なんでしょうね?

こちらの赤い412を見るとやっぱりフェラーリだね。


posted by super76 at 00:41| Comment(0) | FERRARI 412 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

フェラーリ 333SP

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ人気ブログランキングへ

フェラーリ333SPはロードカーと違い、
IMSA/WSC(ワールドスポーツカー)用に製作された
プロトタイプレーシングカーである。

F130E型 4リットルX型12気筒エンジンから
650馬力を発生し、900Kg弱のボディーを
レーストラックへ導きました。

プロトタイプレーシングカーは
312PBの登場以来、実に21年ぶりのことで、
人々の熱狂ぶりも凄い。

Ferrari 333 SP Racecar startup!




エンジン音を聞いた後には、走行映像をどうぞ!
(ちょっと短いです。)






こちらはミニカーです。
1/87 フェラーリ 333 SP 95 ル・マン #1
R.Arnoux/J.Cochran/M.SIgal (87RL037)

FERRARI 333SP.bmp
posted by super76 at 20:52| Comment(0) | FERRARI 333SP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

フェラーリ F355

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ人気ブログランキングへ

フェラーリ F355は、モデルナンバーの如く、
排気量約3500ccで5バルブのパワーユニットを持つことから由来する。

ピニンファリーナが手がけたボディースタイルは先代の348や
テスタロッサをも感じさせるデザインだ。

V型8気筒DOHC「F129B」型エンジンから
最大出力380PS/8,200rpm、最大トルク36.7kg・m/5,800rpmを発生。

1994年に発表されたのち、1997年には
マニエッティ・マレリ社と共同開発したパドルタイプの
2ペダル・セミオートマチックシステムの「F1マチック」が登場。

このセミオートマミッションでフェラーリを快適で楽に走らせることが
出来るようになった。

そんなF1マチックを搭載したフェラーリF355の映像を
ご覧いただこう。
色も落ち着いた紺色で、優雅な感じをかもし出している。

さりげなくリッチな雰囲気である。




こちらは真紅のF355です。
運転席にビニールがかけてあることから、納車前だと思われます。
赤がほんときれいです。

1995 Ferrari F355 GTS

posted by super76 at 15:48| Comment(0) | FERRARI F355 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。