ENZO FERRARI.bmp
sponsored link

2011年12月29日

フェラーリ 125S

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ人気ブログランキングへ

1947年にフェラーリ社の処女作として登場したフェラーリ125S

tipo 125 水冷V12 SOHC 2バルブ エンジンは、1500ccで、
シリンダーあたりが容積125ccとなる。

また、このクルマの車名の125もこの容積から由来する。

ロードカーの125GTやF1参戦用の125F1の製造も発表されるも、
思うようにはいかなかった。

当初、製造された125は現存するものがなく、
フェラーリ社によるレプリカが現存する。



車両重量 650Kgに100馬力のv12気筒
ボアφ55mm×ストローク52.5mmのショートストロークタイプから
その軽やかな走りは想像しただけでもわかる。

今のクルマでは得ることができない
フェンダーのない葉巻型ボディは、なんとも魅力的で
時間がゆっくり流れた良き時代を思わせる。

--------------------------------------------------

葉巻型フェラーリのミニカー

フェラーリ 553 F1 スペインGP 1954
フェラーリ 553 F1 スペインGP 1954.png
詳細はこちら


フェラーリ500 F2
FERRARI DIX 1/43 フェラーリ500 F2.png
詳細はこちら
 
 


posted by super76 at 08:41| Comment(0) | FERRARI 125S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

フェラーリ312P

にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ人気ブログランキングへ

フェラーリ312Pは、1969年にレースでの活躍を期待され登場。

312Pのシャーシは330P4とほぼ同じで、
一部鋼管フレームに一部モノコックフレームを組み合わせていた。
フロント/ダブルウィッシュボーン・リア/4リンクのサスペンションに
60度V型12気筒DOHC4バルブ2990ccエンジンを搭載。

テスト中にクラッシュするなど、アクシデントがあったが、
1969年3月にはレースに参戦。
レースはセブリング12時間、長丁場のレースでオーバーヒートに見舞われ、
2位で終了。惜しくも優勝を逃した。

その後のレースにでも4位など、いまひとつ優勝にはとどかなかった。

フェラーリ 312P
速くて一瞬しか見えませんので良く観てください。





BEST 1/43スケール フェラーリ 312P クーペ MONZA 1969 テストカー
FERRARI 312P.png

 
posted by super76 at 22:54| Comment(0) | FERRARI 312P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。